スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国籍戦第2戦

国籍戦第2戦『狭隘島嶼水域進出』

日本 金剛4隻 龍驤・翔鶴1隻ずつ。

米国 サウスダコタ・ノースカロライナ・レキシントン・ヨークタウン各1隻

日本視点からすると砲撃有利で航空不利といったところか。

ちなみに狭隘島嶼水域進出の名の通り、島がいっぱいあるマップでした。

というのは前からわかっていた話。

ですので島マップによる練習を何度か行っておりました。

日本チームは多数のBBを使い、おもにノースカロライナを金剛2隻か3隻による同時攻撃を計画。

島マップですので、そこへ追い込み撃沈に至ろうとしました。

実際、ノースカロライナが座礁停船中という状況が生まれ、
下および中央にいた金剛3隻また、CA軍団以下突撃をかけ撃沈することができました。

が、景気の良い話もここまで。

米CVが制空モードからアタックモードに切り替え、金剛に爆撃を仕掛けてきました。

大変なことに、その爆撃により味方金剛3隻が轟沈。雲行きが怪しく・・・

望みをかけた上戦線強行突破。まだ敵が体制を整える前にサウスダコタを撃沈し突破に成功。

しかし、突破に成功したものの、お互い決定力を持たず消耗戦へ。
もともと少ない弾の搭載数が少ないため頑張ったが弾切れによる敗北。


初戦に比べ、だいぶ善戦したと思いますが、途中で爆撃によりBBを失ったのがとても痛かった。
私自身金剛に乗っておりましたが、恥ずかしいほどの糞戦果を出して爆沈。情けない限り。

やっぱりまだ組織戦の戦い方がよくわかってないなっと痛感して、毎日イメトレしてます。
それがうまいこと実戦結びつけれたらいいんだけど・・・

翌日に次の国籍戦第3戦 『水上艦隊決戦』がありました。それは後ほどまた・・・

ここだけの話。わたしがBBに乗って糞戦果を出し、しかもチームが負けたとき本気で泣きました。
実際に泣きかけました。BBに乗る限りにはそれ相応の責任というものがあります

確かに組織戦での経験がほとんどない状態で戦果を出すのは難しいのも事実。
けれども、そんなのは言い訳にしかならないなっと。

経験があろうとなかろうか戦果を出し、BBとしての仕事をすることが義務のはず。

チームに迷惑ばかりかけて、何やってんだろうと最近思いつつあります。

だからこそより頑張らないといけないとは思ってますがね。。。
スポンサーサイト

<< 『激突!空母機動部隊』 空母決戦 | ホーム | おくさん!テスト終わったんですって >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。