スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終戦 『日米大海戦』

国籍戦の敗北は既に決定している。

ここまで来ると意地です。2勝に持ち込みたい!

そう挑みました。




続きを読む »

スポンサーサイト

『水上艦隊決戦』 殴り込み部隊の戦い


今回負けると本NWWの敗北が決定。

今回は、長門を乗りました。

あんなみじめな思いなどするもんか!とやる気だけは一人前^-^

日本:BB大和・大和・長門・長門・伊勢・扶桑 CV雲龍・隼鷹
米国:BBアイオワ・アイオワ・サウスダコタ・ノースカロライナ・コロラド・テネシー改 CVヨークタウン・インディペンデンス

日本チームは最大の火力を持つ大和を2隻とも上戦線へ持っていき開幕から突入をうかがった。

作戦通り大和2隻および長門の集中火力によって米国BBを2隻撃沈。
これで勝った!と少なくとも俺は思っていたよ!!

そのころ俺は下戦線にて戦線の維持をはかっていたけど、視界がだんだんなくなっていき、後退するハメに。

このころ上下戦線はナナメな状態になり上戦線も危険な状況へ。

これはヤバイなっと思った頃に伊勢が爆撃により沈没。

上戦線も後退し、上下戦線が縦並びまでなってしまった。

ついに大和も撃沈され日本チームは後退の後退をすることに。

ついに私も最後の力を振り絞って敵BBに襲ったが、それも虚しく撃沈されました。

序盤に大量に偵等を失ったのが痛かったのかなっと。中盤以降まったく見えませんでした。

またしてもBBとしてまともな戦果を出せなかった私。ついに次回は最終戦。
これで戦果出せなければ、BBとしてもうダメと思いましたため、相当な覚悟で挑むことに。

次回へと続く

『激突!空母機動部隊』 空母決戦

2戦目の翌日にあったこの戦い

ついにアホな戦果を出した私についに降格命令が出された!

乗る船は最上CL10式対空

本業は砲撃であるが、10式の対空もそこまでひどくないはず・・・
普段はTでやってるから不慣れなR対空だとしてもだ・・・
と最初の1分はそう思ったけど、やっぱり不安がよぎる。

日本:大和・金剛各1隻 翔鶴雲龍各1隻大鳳1隻のCV合計5隻
米国:アイオワ・グアム各1隻 インディペンデンス・ヨークタウン・レキシントン各1隻エセックス2隻の合計5隻


我が日本艦隊は砲爆撃同時攻撃作戦を立案。実行に移すことにした。

金剛率いる上戦線は戦線を維持。グアムを牽制。
大和率いる下戦線も戦線を維持。アイオワを牽制。

と開幕はいつも通り。

時間が経つにつれ、日本空母艦隊が爆撃準備が完了。爆撃が発艦
それにあわせて下の大和率いる艦隊も突撃体制

しかし、それは失敗に終わりそうそうに後退。

その間も私は対空援護を続けていたお^p^

めげずに日本空母艦隊は第2次攻撃を敢行
それにあわせて大和率いる艦隊も突撃体制。

この砲爆撃同時攻撃は見事成功し、アイオワを撃沈

これが勝負を決めたと思う。前回見たく米国空母による爆撃や雷撃を全力で阻止したし。

この戦いで日本チームはストレート負けという屈辱を回避した!よくやった!皆さん!

しかし、そんな私は対空撃墜クレジット6000ちょっと。
最低目標をなんとかクリアした程度であった。またしても何してるんだ俺は!

それでもめげずに、次回も参加する俺であったとさ。

国籍戦第2戦

国籍戦第2戦『狭隘島嶼水域進出』

日本 金剛4隻 龍驤・翔鶴1隻ずつ。

米国 サウスダコタ・ノースカロライナ・レキシントン・ヨークタウン各1隻

日本視点からすると砲撃有利で航空不利といったところか。

ちなみに狭隘島嶼水域進出の名の通り、島がいっぱいあるマップでした。

というのは前からわかっていた話。

ですので島マップによる練習を何度か行っておりました。

日本チームは多数のBBを使い、おもにノースカロライナを金剛2隻か3隻による同時攻撃を計画。

島マップですので、そこへ追い込み撃沈に至ろうとしました。

実際、ノースカロライナが座礁停船中という状況が生まれ、
下および中央にいた金剛3隻また、CA軍団以下突撃をかけ撃沈することができました。

が、景気の良い話もここまで。

米CVが制空モードからアタックモードに切り替え、金剛に爆撃を仕掛けてきました。

大変なことに、その爆撃により味方金剛3隻が轟沈。雲行きが怪しく・・・

望みをかけた上戦線強行突破。まだ敵が体制を整える前にサウスダコタを撃沈し突破に成功。

しかし、突破に成功したものの、お互い決定力を持たず消耗戦へ。
もともと少ない弾の搭載数が少ないため頑張ったが弾切れによる敗北。


初戦に比べ、だいぶ善戦したと思いますが、途中で爆撃によりBBを失ったのがとても痛かった。
私自身金剛に乗っておりましたが、恥ずかしいほどの糞戦果を出して爆沈。情けない限り。

やっぱりまだ組織戦の戦い方がよくわかってないなっと痛感して、毎日イメトレしてます。
それがうまいこと実戦結びつけれたらいいんだけど・・・

翌日に次の国籍戦第3戦 『水上艦隊決戦』がありました。それは後ほどまた・・・

続きを読む »

おくさん!テスト終わったんですって

ハイ。今日でテスト終わりました。ま、勉強なんてしてなかったけど(ぁ

ついに国籍戦が始まりました。

真珠湾奇襲という名の海戦です。
日本(金剛2隻空母4隻)米国(ネヴァダ2隻ペンシルヴぇニア1隻コロラド1隻空母3隻)
というなかなかの変則ルール。

そこで日本チームは

上はde077さんを軸にした強襲打撃艦隊

下はpanmyを軸にした持久打撃艦隊

という戦略でやるつもりでした。

私はネヴァダを大破させたので、とどめを刺そうにも当たらず、
逆にペンシル艦隊の猛攻をもろに受けてしまい轟沈。。。

その直後下戦線崩壊。どうしたものか・・・

初戦は私の過失による敗北。やはりBBとしての戦い方をまだ身につけてないようである。
経験不足?言い訳だよねorz
だって戦果10万いってねーし。BBだよ?恥を知れよ俺。
de077さんは頑張ってたのに・・・

ネヴァダ沈めてたらきっと違う展開になってたに違いない。

さて、全体的に視界不足が目立っておりました。特に中央付近の視界のなさは致命的。
ペンシル(orネヴァダ)が1隻どこにいるかわからないという・・・
逆に米国側はしっかりと視界あったそうです。ハイ。

視界があったらなぁ・・・っと思いつつ、初戦は私、もっと活躍できたと思います。

さて、次は 『狭隘島嶼水域進出』だそうです。詳しいルールはNWWのHPにて(ぉぃ

次こそ日本チームが勝つ!!!






とある大艦隊のBB砲撃

最近はNFの実力も戻ってきたかなぁって実感しつつ、大艦隊に毎日参加。

懐かしい人も戻ってきて、やっぱりNFっていいなぁって思ってしまうのもの。

やはり楽しいものですね~。ほかに代替できるゲームがないっていうのもありますが

近頃の大艦隊では自分は平均戦果10万程度です。まぁあまり高くありませんが、こんなもんでしょう。
最高でも25万ぐらいですし。

もっとも速度が25/37kt 修理が120/sちょっと程度では限度というものがあるというもの。

いい加減補助兵をちゃんと育成しないとまずいよねぇっと思いつつ。

今が楽しければそれでいいんだよ!アハハ。。。

そういえば、今さらだけど、今参加中の国籍戦のPV動画見てみたんだよ。
ものすごくかっこいいと思ったわ。




余談:最近やる気うpしてるのに、学校のテストあるとかマジKY。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。